挨拶

医療技術部は、平成15年10月に12職種の医療系技術職員が集まり設立されました。多様な背景を持った多職種からなる組織ですが、創設以来、職種間の相互理解と協力の下発展してきました。部内は臨床検査部門、放射線部門、リハビリ部門、臨床工学部門、歯科部門の5部門から構成され、部門長を中心に、人事の効率的運用、専門職としての医療技術の向上に努めています。

医療技術部の事業として、多職種からなるワーキンググループを組織し、医療安全や患者サービスのための業務改善、全人的医療人育成のため、全部員を対象にしたグランドラウンドや学術集会、勤務年数に応じた研修会の開催などの教育研修、広報や記録のためホームページ運営、概況書作成を行っています。ワーキンググループの活動を通して、多職種で連携し、医療技術部内のチームワークをより深めています。

部員は現在300名を超えました。新しい時代を迎え、日々医療技術が発展していく中、医療技術部では社会人教育、医療人教育を行い、各部門では専門スキル向上の教育を行っています。最新最善の医療を安全に提供するため、各部員が医療チームの一員として専門職の役割を果たせるよう、自律して工夫し、協同して務めております。

 

令和元年5月

医療技術部長

河野 一郎