◆概要

ME機器室は、ME機器を院内で中央化し、円滑かつ効率的で安全なME機器の管理・運用を目指しています。2015年4月より、臨床工学技士が1名常駐いたしました。ME機器の点検・修理はもちろん、臨床技術支援として、手術室での体性感覚誘発電位(SEP)・運動誘発電位(MEP)のセットアップや術中のME機器のトラブル対応をはじめ、内視鏡室でのファイバースコープのセットアップ、院内でのME機器トラブル対応を行っています。また、病棟での人工呼吸器や腹水濾過濃縮再静注法(CART)の操作・管理など、業務範囲は外来を含め病院全体を対象にしています。

◆職員数

 臨床工学技士:1名

◆業務内容

手術室

 ・手術前の麻酔器、バイタルモニタ、除細動器などの日常点検(使用前点検)や関連物品の確認。

 ・定期点検は、麻酔器など点検表に基づき整備を行い、早期の異常発見と精度管理に努める。

 ・麻酔器など専門性が高い特殊装置については計画的なメーカー定期点検を行う。

 ・手術中のME機器トラブルの速やかな解決。

 ・体性感覚誘発電位(SEP)・運動誘発電位(MEP)のセットアップ。

 ・その他(ME機器の勉強会など)

内視鏡室

 ・検査前・・・内視鏡カメラ準備(上部・下部・ERCPなど)

 ・検査後・・・内視鏡カメラ洗浄

 ・超音波内視鏡検査の補助

 ・その他

ME機器室

 ・ME機器の中央管理(人工呼吸器・各種ポンプ・バイタルサインモニタ・除細動器(AED含む)・超音波ネブライザーなど)

 ・院内のME機器のトラブル対応

 ・他職種への勉強会/研修会などの開催

その他

 ・年2回以上の医療安全管理研修会の実施(講師)

 ・看護部主催の院内研修サポートなど

 ・会議への参加(医療機器安全管理委員会・医療機器材料委員会・病院運営委員会・医療技術部共同研究・再開発WGなど)